チームの様子を写真で振り返る 週刊 根津スポ!


5月13日(日)

春季大会・決勝トーナメントで、またも大きな花火が打ち上げられた!

中学生とは思えないパワーとその飛距離には感嘆の声しかない。頼れる4番の一振りがゲームを決める!

このまま夏まで頼んだぞ!

試合後は本拠地に戻って小杉コーチによるピッチングトレーニング。

投手陣には至福の時間・・・も、雨には勝てず、以降の練習や試合はお預けに (^^)

「ライオンズ・プライド」はクラブハウスのミーティングで養われました。

5月3〜6日(木〜日・GW後半)

GW後半。春季大会・決勝トーナメントが始まった。

選手たちはまたそれぞれのチームで、それぞれの熱戦を繰り広げる。

この数日で手に入れた感覚、辛い練習の中で得た自信、失敗から学んだ課題・・・全てを無駄にする事なく、

全員が次のステージで力を発揮して欲しい。

個人個人の「今」の積み重ねが華を咲かせれば、結果としてチーム全体にも華が咲く。

もう一度それぞれが「俯瞰の目」を持って、自身の気を引き締め直して欲しい。

「ライオンズ・プライド」を持って闘えるように!

4月28〜30日(土〜月・GW前半)

『ジャイアンツカップ ポニー東京予選・決勝』

負ければ全てが終わる・・・そんな緊張感が彼らを固くする。

けど、この2年半の「思い」を、先輩たちが流した涙を、僕らは絶対に忘れない。

「終わらない夏」を、ここにいる皆んなと過ごしたい!

一日でも長く、一分一秒でも多く、僕らは「ここにいる仲間と」野球がしたい!

そんな気持ちで勝ち取った一戦だったのかも知れません。

さぁ、ポニー代表の座は掴んだ!まだまだ熱い闘いは続くぞ!

若獅子たちよ、この夏を悔いなく最後まで思い切り暴れてやれ!

4月22日(日)

『ジャイアンツカップ ポニー東京予選』

我々の「終わらない夏」への最初の一歩「東京ドームへの道」を、先ず一歩踏み出した・・・。

初戦独特の硬さを感じる中、2-0とリードしての5回表。ノーアウト1・3塁の大ピンチ!

打者が高々と放ったレフトフライを前原取って1アウト、タッチアップで走った3塁ランナーをレーザービームで捕殺し2アウト、その間に2塁を狙った1塁ランナーを捕手久保川が素早く送球し2塁もアウトでトリプルプレーの完成!大ピンチを一瞬で脱出!

次戦はどんな奇跡を起こしてくれるのか楽しみで仕方ない (^^)

4月15日(日)

春の嵐が吹き荒れた週末、江東根津球場は最悪のグランドコンディション。

泥だらけになりながら必死で整備し、何とか試合が出来る状態までグランドを復旧させた父母の熱いパワーに、選手たちは「全力プレー」で応えるしかない!

来週からは、いよいよ「ジャイアンツカップ・ポニー東京予選」が始まる。

ここからの1分1秒を無駄にするな!全員でこのグランドに立ち続けろ!このグランドの土を踏み締められる喜びを胸に「終わらない夏」へ突っ走れ!

4月8日(日)

春季大会・予選リーグは、ライオンズ・タイヨーがそれぞれ全勝で決勝トーナメントへ勝ち抜け!

この状態から更に一段ギアを上げ、ジャイアンツカップ・ポニー東京代表予選へ勢いを付けたいところ。

ここから・・・チームは本当の意味で「ひとつ」にならなければいけない。

選手全員は勿論、監督・コーチ・スタッフ・父母会、みんなが同じ気持ちで同じ目標を明確に持ち、今こそ心ひとつの『江東ライオンズ』に!

いざ!

4月1日(日)

4月に入り「春の選抜・甲子園」「プロ野球開幕」と、本格的な球春到来の中、我々も各球場で春季大会の熱戦が繰り広げられている。

この日は試合のなかったライオンズ以外のタイヨー・スターズ・ポニーズがそれぞれ快勝!

このまま突っ走って予選リーグを勝ち抜け、決勝トーナメントへ全チームで進んでみせようぜ!

ジャイアンツカップの予選も今月から始まる。エイプリルフールの戯言でも何でもなく、今年一年『江東旋風』で、全国に嵐を起こしてやれ!

3月25日(日)

ライオンズとタイヨーが『第2回 全日本選抜中学硬式野球大会』へ出場する為、開催地・沖縄へ。

抜けるような青空の下、いつもと違った環境で闘った経験が、また一つ彼らを成長させると信じます。

試合結果などは日本ポニーベースボールリーグ協会ホームページでご確認いただけます。→ http://www.pony-japan.com/ 

残った根津組は、紅白戦などを中心に「沖縄へ行けなかった悔しさ」を晴らすかのように必死で白球を追っていたこの週末。

来週からはまた春季大会!4月に入れば新学年!心機一転またもう一度、全員「心一つ」で闘うぞ!

3月18日(日)

春季大会・第2ラウンド!この日試合のなかったスターズ以外、ライオンズ・タイヨー・ポニーズの3チームが勝利!この春もいい滑り出しとなりました。

昨年の秋季大会でのファイナル、関東連盟史上初となる「ライオンズ vs タイヨー」による同門決勝の再現を目指し、着実に一歩ずつ駒を進める・・・。

日々暖かくなる春の陽気を感じながら、ここからアクセル踏み込んで目一杯突っ走れ!我々の目指すステージ、真夏の「東京ドーム」まで、エンジン全開ノンストップで!

3月11日(日)

ある日突然家族を失い、友達を失い、家を失い、仕事を失い、大切なものの全てを失った喪失感は計り知れない・・・。

あれから7年。あの日から人生の全てが変わってしまった多くの被災者たちも、もがき苦しみながら必死で力強く復興へ向けて今も歩み続けている。

家族と一緒に過ごせる幸せ、友達や仲間と過ごせる幸せ。暖かい家がある幸せ、そして何より大好きな野球が目一杯できる幸せを、今一度噛み締めて欲しい。今の自分は何をするべきか、何を思い、今何ができるのかを・・・。

半旗を掲げ、黙祷を捧げる事でしか寄り添えない思いも、真っ直ぐに今を生きてこそ伝えられるはず。

この日、春季大会開幕を迎えたこの機会に、もう一度だけ見つめ直してみて欲しい。自分の事、自分以外の周りの人の事、社会の事、大切なものの事、野球の事を・・・。

3月4日(日)

3月です!「春一番」を思わせるような強風が吹き荒れる中、それでも2月までとは違った暖かい陽射しが降り注ぎ、グランド上の選手の動きも少し軽やかに見えます (^^)

シニアリーグ・ボーイズリーグなど多くの強豪チームに胸を借り、今日までのオープン戦を通じて得たものは本当に数知れず・・・改めて関係各位に御礼申し上げます。

来週からはいよいよ春季大会!

これまでに対戦して下さった各チームの皆さんへの御礼は、何より勝って結果を残すこと!

春大、思い切り大暴れしてやれ!(^^)/

2月25日(日)

気が付けば、もう2月も最終週。

オープン戦も佳境ですが、3月に入ればいよいよ春季大会が幕を開ける。

チームには続々と「新一年生」も加わり始め、徐々に「球春」を迎える準備が整いつつある。

新しい季節、新しい仲間、新しい取り組み、新しい挑戦、新しい闘い・・・

さぁ!こっからが真剣勝負!新しい高みへ駆け上って、新しい景色、みんなで見てみようぜ!(^^):

2月18日(日)

「審判講習会」・・・ベテラン審判さんも、新米審判さんも、そもそもは皆んな選手の父たち (^^)

細かなルールは勿論、審判としての動き方、ジャッジの声を出すのも難しく、見ているのと実際にグランドに立ってやるのは大違い!「難しいなぁー」と頭掻きつつ照れ臭そうにしながらも、それでも一生懸命頑張る父たちの笑顔の中に「我が子」を思う父の愛情を感じずにはいられません!(^^)

2月12日(月・祝)

世の中は三連休でも、ライオンズはオープン戦連戦で牙を磨く毎日。

対戦するそれぞれのチームから様々なものを得つつ、若獅子たちは着実に力を付け成長していると感じる。

選手個々の努力が、組織として、チームとして花開く春はもうすぐそこまで!

「一分一秒を無駄にしない」「全ての一球一打に執着する」・・・そんな気持ちを全員で共有しよう!

今まで流した涙を無駄にしない為にも、この瞬間でさえ「熱くなれ!」

2月4日(日)

いよいよ2月に入り、オープン戦が次々と組まれ始めた。

この冬を乗り越え、個々の選手がどれだけレベルアップしたのか、またチーム全体としての力がどれくらい底上げされたのかが試される時・・・。

試合勘や実戦勘はまだまだでも、熱い気持ちを前面に出して、一試合ずつ「形」にして行って欲しい。

チーム全体の目標、個々の目標、大志を貫く熱く強い気持ちを持って「球春」を迎えて欲しい。

さぁ!熱くなれ!江東ライオンズ!