チームの様子を写真で振り返る 週刊 根津スポ!


9月18日(月・祝)

台風18号の影響で、この週末は予定が大幅に変更。17日(日)は一年ぶりにまさかの全休。

選手たちは「身体を休めるのもトレーニング!」と、妙に納得した表情でそれぞれの時間を過ごした事でしょう (^^)

台風が去った後も、各会場では公式戦が相次いで中止に。ライオンズは根津グランドを父母・選手で必死に整備し、

午後からは何とか紅白戦を実施。リフレッシュした心身で荒ぶる思いを白球にぶつけてました!

9月10日(日)

秋季大会、好調な各チームですが、この日は「ポニーズ」(全員1年生)の初陣!今年の1年生は投打のバランスも良く、
何より上級生が相手でも気後れしないハートが有る!チーム全体のいい流れもある!・・・が、そこはやっぱり1年生 (^^ゞ
上級生主体の相手チームに善戦するも、最後は逆転サヨナラの力負けで初陣を飾れず (>_<)
でも、彼らがどれだけ悔しかったか、どれだけ次戦に向けて燃えているのかを私は知っています。
今のうちにしっかり爪を磨き牙を研げ!若獅子たち!

9月3日(日)

ライオンズ・タイヨー・スターズと、この日は3チームが秋季大会を全勝!夏の強化練習は確実に結果をもたらしてくれました。

とは言え、まだまだ「江東旋風」は“つむじ風”程度。これからが真価を問われる闘いになって来る事でしょう。

まだまだ大会序盤。決して満足・慢心せず、もっと大きな目標に向かって、もっと先にある大きな夢と目標に向かって走り続けろ!

8月27日(日) 秋季大会開幕

8月の強化練習を終え、いよいよ秋季大会が開幕しました。
我々は、ライオンズ・タイヨー・ポニーズ・スターズの全4チーム編成でこの秋を闘います。
先陣を切った「江東タイヨー」は投打にバランスよく完勝!この1ヶ月間の強化練習で鍛え上げた力を証明してくれました!
この勝利をキッカケに、秋季大会は全チーム大暴れし「江東旋風」を巻き起こせ!

8月20日(日)

この夏の強化練習期間に行われた数々のオープン戦では、並み居る強豪チームから様々な勉強をさせていただきました。

新チームの選手達は本当に多くの事を経験し、学び、鍛えられ、この秋に向けて逞しく成長してくれたと思います。

この成果が今後に生かされるかどうか、選手たちもいよいよ来週開幕する秋季大会が待ち遠しく感じるているハズ!

実り多い秋へ・・・「さぁ!行きましょう!」

8月13日(日)

夏の強化練習も佳境を迎え、選手達の疲労も今がピークかも知れません。

ただ、このサバイバルを乗り越えた先にある「何か」を掴むため、もう一踏ん張り!二踏ん張り!三踏ん張り!・・・みんな頑張れ!

※ 各地でオープン戦が組まれていますが、ご覧のように素晴らしい球場を使用させていただいて選手たちも喜んでおります。

球場を提供下さった各対戦相手・関係各位に改めて心からの御礼を申し上げます。

8月6日(日)

夏の強化練習がスタートしました。選手はこの夏休み期間にまた大きく成長する事でしょう!

早速組み込まれたオープン戦は「遠征組」とホームグランドの「根津組」に分かれて、それぞれ文字通りの熱戦を繰り広げました。

このオープン戦での内容が、秋季大会のメンバー選考の材料になるとあって、目の色を変えて必至に頑張る選手達・・・。

実り多い収穫の秋へ、みんな踏ん張れ!

・・・父母の方も暑さでヘロヘロですが (^_^)/

7月30日(日)1年生大会決勝戦

全日本選手権ブロンコ大会優勝の勢いそのままに、今年も1年生がやってくれました!

手に汗握る熱戦は最終回、3点のビハインドをひっくり返す執念のサヨナラ勝ち!劇的な幕切れとともに、これで同大会二連覇達成!

声を枯らしながら応援していた上級生を含め、この優勝はチーム全体に勢いをもたらすハズ。

3年生引退後の新チームのスタートとしては最高の滑り出しとなりました! (大会情報ページにも関連記事あり)

7月23日(日) 全日本選手権大会

大会各カテゴリーに「ライオンズ」「タイヨー」「ポニーズ」「スターズ」「清砂ポニー」の計5チームがエントリーし出場するも、初日の初戦で 4チームが敗退。まさかの結果となり、残ったのは「清砂ポニー」のみとなった。
「負けに不思議の負けなし」・・・何が我々に欠けていたのか、何が足りなかったのか、真摯な姿勢でもう一度全てを見直さないと、このままでは何も変わらないかも知れない。
3年生が引退となり、新たな出発となるこの機に、スタッフ・フロント・父母・選手・・・チーム全体での意識改革と目標設定を明確に持ち、一丸となってより強い気持ちで前進・進化するための努力をしなければ!と気付かせてくれる大会となった。

7月17日(月・祝)

今週末から始まる「全日本選手権」を最後に引退となる3年生は、この日が公式な全体練習の最終日・・・。

各選手・各父母が、様々な思いとともに過ごしたライオンズでの約 2年半。

ここで流した汗と涙の中には、一言では語り尽くせない色んなドラマがそれぞれの家庭にあったと思います。

そんな熱い想いを親子で交す毎年恒例のこの儀式『母から子へ最初で最後のノック大会』・・・見ているだけで胸が熱くなります。

さぁ、最後の夏・・・少しでも長く、一試合でも多く、みんなが野球する姿を最後の一球一打まで、心から応援させて下さい。

7月9日(日)

炎天下の中で行われた一年生大会は、A・B両チームとも快勝!・・・頼もしい新人達です (^^)

そんな中、ライオンズのOB達も陣中見舞い(?)に来てくれました。

夏の大会の合間を縫って、寸暇を惜しむように来てくれる・・・頼もしい先輩達です (^^)

また目前に控えた「全日本大会」に備え、各選手のユニフォームに縫い付けられた背番号のチェックも!

・・・「日本一綺麗な背番号で闘え!」と、いつも頼もしいコーチです (^^)

7月2日(日)

今週から7月。春季大会も全日程を終え「最後の夏」がいよいよやって来ました。

3年生の選手・父母にとって、これからの数日、数時間、数試合に様々な感情や思いが込められると思います。

根津のグランドには綺麗な虹が射し、これはまさに「吉兆」!この最後の夏を悔いなく走り切れ!ライオンズ!

6月25日(日)   

明け方からの雨、雨、雨・・・梅雨らしいとはいえ、よく降ったおかげで予定されていた公式戦・オープン戦遠征などが全て中止に。

それでも選手たちは朝からミーティングに座学と野球の勉強!体を動かせないでウズウズしているのを野球の神様が見ていたのか、

午後には雨も上がって、外野の一部や施設を活用しての体幹トレーニング!最後は雨なのか汗なのか、びしょ濡れの選手達でした (^^ゞ

photo by Nagata & Ishizu

6月18日(日)

春季大会決勝・・・試合は予想外にも荒れた展開となり、ライオンズは無念の敗戦。

「ここまでよく頑張った」と捉えるのか、「俺たちはこんなもんじゃない」と捉えるのか、選手が何を感じたのかが大切。

3年生は残り僅かなライオンズの日々を、今日を区切りにもう一度「新たなスタート」として欲しい。

6月11日(日)

ライオンズは第41回春季大会・準決勝に快勝!来週の決勝戦に進出!おめでとう!

また、開幕した一年生大会では江東Aも、粘りのサヨナラ勝ちで初戦突破!こちらもおめでとう!

思えば・・・3年生にも「一番最初の勝ち星」が有ったハズ、その時の喜びを思い返しつつ、来週の決勝戦、必ず勝ち獲って来い!